ホーム > vision

カテゴリー vision の記事

[底]6月はガルパン月+1/短編追加

 5月末に何故か「ガルパンの映画観てみるか」と思い立ち、5/31、とある映画館での上映最終日に行ってみました。キャラクターもストーリーもほとんど知らない状態でしたが、上映前の「3分ちょっとでわかるガールズ&パンツァー」のおかげで最低限の知識を得てから本編開始。開始30秒のアヒルさんチームの砲撃音にビビってから、最後まで引き込まれてしまいました。
 帰ってから本編をレンタルでひととおり観て、OVA のアンツィオ戦も観て。「劇場版もまた観たいなぁ」と思ってまだ上映している映画館を探して観に行ったら 4DX で、戦車が動くと席が揺れるし雨が降ればこっちも雨が降るし、ジェットコースターを疾走するシーンでは画面の火花と合わせてフラッシュするし、もう大変。めっちゃくちゃ楽しくなって、4DX でも2回観てしまったあげくに BD まで買ってしまいました。

 で、劇場版初見ですごく印象的だったローズヒップのお話を書いたので、pixiv とこちらで公開します。「操縦手」「紅白戦」「反省会」「芽生え」の4本です。

 なお、初見で一番印象的だったのがローズヒップだったのですが、初見でのマイベストシーンはどんぐり小隊のバトル。中戦車が大ジャンプで飛んでくるところから始まり、アンチョビの「こっち見てるぞおおお」とか履帯を失ってからの BT-42 の猛ダッシュとか CV33 を加速器付きジャンプ台にしたヘッツァーの大ジャンプとか、ガルパン自体初めてだったこともあって「マジか!?」の連続でした。

 さて、今回の連作について、ちょっとした後書きめいたことをここで書いてみます。

[底]真昼の不思議な物体

 青山にあるイメージフォーラムで、タイ人の映画監督アピチャッポン・ウィーラセタグン(อภิชาติพงศ์ วีระเศรษฐกุล)の作品の特集を1月いっぱいやっていて、そのうち彼の初監督作であるという『真昼の不思議な物体』を観てきました。

 モノクロ、ないしそれに近い低画質の(古い映像であると印象付けるためでしょうか)映像で作られたコラージュ、というのが観終わっての印象です。
 と同時に、普通の映画のようにシナリオをきっちり作り込んで台本どおり演じてもらうのではなく、一般人を参加させるバラエティーのように、シチュエーションを整えてカメラを回し、素人が自分なりに動いた結果得られたものを編集して、合間に役者の演じるパートを挟み込んで作品とした、という風に見えました。実態はともかく、そのような映像になることを狙っていたと思います。

 サバの移動販売(トラックに乗った魚屋さん)のお姉さんが語るなかなかにキツい身の上話の次に、「何でもいいからもっと話して」と言われて話し始めた物語がこの話の骨格になります。
 魚屋のお姉さんが語った話をファンキーなおばあちゃんが引き継ぎ、「真昼の不思議な物体」が「星から来た少年」になります。そしてタクローに興じていた象使いの青年が間をつないで、劇団のおそらくはシナリオ担当のお姉さんにバトンが渡されます。彼女が書いて劇団員が演じたストーリーに、小学生の男の子が話に一応のオチをつけて、新たに魔法の虎の話を始めたところで物語りは終わります。

 語る人々の佇まいの素人感もさることながら、語るストーリーにかなり落差があるのが、完全に台本を作り込んでいないんじゃないかという印象を得た理由の1つです。象使いの青年はあまり破綻したストーリーを好まないのか、ストーリーを進めずに状況を整理しただけで終わってしまいましたし、劇団のお姉さんはおばあちゃんや小学生のような発想のぶっ飛びがなく、作り慣れた形に落とし込んだ、こなれた感じがありました。同じ人がすべて書いたのだとしたら見事な書き分けですが……。

 合間に挟まるドラマパート(語られた物語を再現したパート)の中にも、語られたストーリーとのつながりが見えない部分があって、これが「語り部を探す」映像なのか「語られた物語の再現」なのか、「映像コラージュの1パーツ」なのか、最後までよくわかりませんでした。
 さらに、小学生の男の子が話を終わらせてから、魔法の虎の物語で映画は終わらず、最後に更に関係ない映像が差し込まれています。これも本編とは何の関係もないので(映像がクリアでなかったこともあって、特に子供は顔の見分けが付かなかったので、実はそれまでに登場していた男の子がいたのかもしれませんが)、ストーリーを追いかけるタイプの作品に慣れている私には意図がわからず不可解なのですが、他にもオフショットが混ざっているので、私には見えない何らかの意図があるのだと思います。たぶん。

 私にとっては謎の多い作品で、監督を始めとする作り手の意図を飲み込めたとはとても言えないのですが、ちんぷんかんぷんなりに、この映像は邪魔だなという瞬間はありませんでした。きっと、もう少し目のいい方が観たら、多くのものが見えるかもしれません。

 解説付きの小冊子を映画館で頒布されてたので、この記事を投稿してから読んでみようと思います。不可解な部分が腑に落ちるかどうか、そもそもそんなに詳しい解説が書いてあるのか、楽しみです。

[底]見えない想い

 アイマスの映画、2回目を観てきました。今回は来場者特典のまなさんの漫画!半分は REX のアイマスコミカライズの1話を収録してるので実質34ページでしたが、特典として考えれば十分すぎるボリュームです。まなさん版らしい日常系の語り方で、映画のオープニングを補完する内容でした。個人的にはゆきたかチームの映画のシーンが入ってるのがよかったです。オープニングではポスターのみで内容がほぼ語られなかったので。

 そして、本編でも前回とは意識して違うところや細かいところを見ようと考えていましたが、細かいところはむしろ前回の方が気が付いたような……。今回は伊織と美希、千早のことを見ていた感じになりました。

 さて、以下は追加のネタバレです。問題ない方は▽をクリックしてください。

トップページ > vision

サイト内検索
紹介

管理人:春屋アロヅ(alohz)
連絡先:alohzhgmail.com
詳細、サイトについては諸々の紹介から。

最近の記事
カテゴリー
昔の記事
外部コンテンツ

ページの先頭に戻る