ホーム > thai

カテゴリー thai の記事

[底]真昼の不思議な物体

 青山にあるイメージフォーラムで、タイ人の映画監督アピチャッポン・ウィーラセタグン(อภิชาติพงศ์ วีระเศรษฐกุล)の作品の特集を1月いっぱいやっていて、そのうち彼の初監督作であるという『真昼の不思議な物体』を観てきました。

 モノクロ、ないしそれに近い低画質の(古い映像であると印象付けるためでしょうか)映像で作られたコラージュ、というのが観終わっての印象です。
 と同時に、普通の映画のようにシナリオをきっちり作り込んで台本どおり演じてもらうのではなく、一般人を参加させるバラエティーのように、シチュエーションを整えてカメラを回し、素人が自分なりに動いた結果得られたものを編集して、合間に役者の演じるパートを挟み込んで作品とした、という風に見えました。実態はともかく、そのような映像になることを狙っていたと思います。

 サバの移動販売(トラックに乗った魚屋さん)のお姉さんが語るなかなかにキツい身の上話の次に、「何でもいいからもっと話して」と言われて話し始めた物語がこの話の骨格になります。
 魚屋のお姉さんが語った話をファンキーなおばあちゃんが引き継ぎ、「真昼の不思議な物体」が「星から来た少年」になります。そしてタクローに興じていた象使いの青年が間をつないで、劇団のおそらくはシナリオ担当のお姉さんにバトンが渡されます。彼女が書いて劇団員が演じたストーリーに、小学生の男の子が話に一応のオチをつけて、新たに魔法の虎の話を始めたところで物語りは終わります。

 語る人々の佇まいの素人感もさることながら、語るストーリーにかなり落差があるのが、完全に台本を作り込んでいないんじゃないかという印象を得た理由の1つです。象使いの青年はあまり破綻したストーリーを好まないのか、ストーリーを進めずに状況を整理しただけで終わってしまいましたし、劇団のお姉さんはおばあちゃんや小学生のような発想のぶっ飛びがなく、作り慣れた形に落とし込んだ、こなれた感じがありました。同じ人がすべて書いたのだとしたら見事な書き分けですが……。

 合間に挟まるドラマパート(語られた物語を再現したパート)の中にも、語られたストーリーとのつながりが見えない部分があって、これが「語り部を探す」映像なのか「語られた物語の再現」なのか、「映像コラージュの1パーツ」なのか、最後までよくわかりませんでした。
 さらに、小学生の男の子が話を終わらせてから、魔法の虎の物語で映画は終わらず、最後に更に関係ない映像が差し込まれています。これも本編とは何の関係もないので(映像がクリアでなかったこともあって、特に子供は顔の見分けが付かなかったので、実はそれまでに登場していた男の子がいたのかもしれませんが)、ストーリーを追いかけるタイプの作品に慣れている私には意図がわからず不可解なのですが、他にもオフショットが混ざっているので、私には見えない何らかの意図があるのだと思います。たぶん。

 私にとっては謎の多い作品で、監督を始めとする作り手の意図を飲み込めたとはとても言えないのですが、ちんぷんかんぷんなりに、この映像は邪魔だなという瞬間はありませんでした。きっと、もう少し目のいい方が観たら、多くのものが見えるかもしれません。

 解説付きの小冊子を映画館で頒布されてたので、この記事を投稿してから読んでみようと思います。不可解な部分が腑に落ちるかどうか、そもそもそんなに詳しい解説が書いてあるのか、楽しみです。

[底]あっという間に日常に

  • 2010-06-29 (火)
  • thai

 先週の木曜日から土曜日にかけてバンコクにちょっと旅行してきました。今回は本当に「ちょっと旅行」という感じで、着いて買い物して暴動の痕を眺めて美術館のぞいて友だちと会って友だちと会って演劇見て帰国、という感じでした。
 旅日記的なものは当初書くつもりでしたが、前回前々回の旅日記もまともに終えられてないことを考えて、今回は見送りました。その代わりに1日1本、その日にあったことをネタにして短編を書きました。
 うち1本は友人をネタにしたので先に見せたところ「これノンフィクションだろ……」という突っ込みが入ったので公開中止。木曜日の分と土曜日の分はタイプ中ですが、それよりも先に文箱ができきってないので公開ができない状況です。
 早めに何とかしたいところです……頑張ります。
 しかし、イベント自体はほとんどなく、上に書いたとおり1行で終わっちゃうくらいだったんですが、ネタはそこそこありました。
 例えば出発前日の水曜日。そもそもこの週は急ぎの仕事は全然なくて暇だろう、という前提の元に2日の休暇を許可してもらえたんですが、月曜日になってから急に面倒な事態がぽつぽつ発生して、目鼻つけて帰宅したのは日付が変わってから。その時点で完了している準備は切符とかばんを買っただけ
 というわけでとりあえず荷物を詰めます。5分で終わります。洗濯物が溜まっていてかばんに入るほど服が残ってません。真夜中に洗います。貴重品を入れる小かばんの方を準備してネットしてる間に洗濯が終わったんですが、既に意識が朦朧としてきてます。とりあえず半分くらいハンガーに引っかけて部屋干しします。
 この時点であまりにも眠くてベッドに倒れ込んでしまい、翌朝起きたのが8時前。飛行機は10時離陸なので、本来なら成田にいなきゃいけない時間です。
 真っ青になって、とりあえず室内に干してあった分を旅行かばんに突っ込み、旅行会社からもらった書類をまとめてぶち込み、Yahoo! 路線案内で最短ルートを検索しながら駅に走ります。が、なんだか表示されたルートがおかしい気がする。とりあえず「自分で選択して間に合わなかったらまだ諦めがつく」という信念に基づいて路線案内を無視。電車に乗って東京駅までの所要時間を確認します。
 明らかに Yahoo! 正しい
 次善策を検索するものの、どう頑張っても9時半にすら着けません。電車に乗ってる間何もしないと焦りが募るので Twitter に逃避していたら後輩たちが朝から様子を見ててくれてました。
 どうにかこうにか辿り着いたのが9時50分。離陸10分前で既にチェックインは締め切られていましたが、道中 HIS のカウンターに連絡しておいたらタイ航空と交渉してくれたらしく、たまたま空いていた1時間後の便に振り替えてもらえました。もうこれダメだったら金曜日会社に行こうかとか傷心の一人伊豆旅行でもしようかとか、電車の中でいろいろ頭を駆け巡ってました。で、どうにか落ち着いて空港のマクドで朝食を食べつつ会社と連絡を取る勤勉な私。
 着いてからはこの手のドジネタはほとんどなく、ホテルのアメニティーに期待してたら石鹸とタオルしかなくてカミソリと歯ブラシは買う羽目になったとか、紙と書くものを入れ忘れるという私からしたら正気を疑うような失態を犯したせいで初日にノートとボールペンを買ったらそのボールペンが素晴らしい書き味だったとか、バンコクに降り立ってから iPhone の機内モードをオフにしたらいきなり True 3G の電波を掴んでしまい焦って機内モードをオンにしなおしたとか、デジカメ持っていったのに充電できてなくてもちろん充電器なんて携行してなかったとか、そのくらいでしょうか。
 逆にいい方のネタとしては、行きの機内で“文学少女”と恋する挿話集の2冊目を読んでたら詩人反町とななせの恋日記にぐらぐら揺さぶられたとか、ホテル正面のレストランでご機嫌なジャズの生演奏をやってたとか、スタバ店内で使える Wi-Fi についての知識を得たとか、ホテルの受付のお姉さんに顔覚えてもらって、ホテルに帰ったら何か言う前に部屋の鍵渡してくれるくらいになったとか、バスマップの最新版を漏らさずゲットしたとか、演劇を観に行ったら日本人とタイ人の話なのに日本人は私と誘ってくれた大学の同期しかいなかったとか……あれ、何だか控えめ?
 しかし、いいネタにしろ悪いネタにしろ、3日は短いですね。やっぱり1週間くらいはいないと動きづらいですし、本当にあっという間に終わっちゃいます。
 しかも日曜日の朝帰ってきて、その日の午後からは会社で仕事をしてたので、日曜の夜に家に戻ってきた頃にはタイに行ってたのが数日前みたいな感覚でしたよ。
 次回はもう少し長めに行くか、せめてもう少し準備をちゃんとして行きたいです。今回辞書も忘れていて、iPhone アプリの Longdo(タイ英日オンライン辞書)も電波がないと役に立たないので、余計に何もできない状態でした。
 今度夏に後輩が行くらしいので、以前卒論を書いた時に材料探しに行ったマヒドン大学のキャンパスの行き方を(可能であれば)調べてもらうようにお願いしました。これで自力で行けそうなら(まぁ1回は自力で行ったんですが)卒論の追補をやってみるのも面白いかなと。
 状況は少しずつ変わっているでしょうし、何よりせっかく行くんですからね。

[底]5/3の旅日記(前編: 結婚式)

  • 2009-06-14 (日)
  • thai

 4日目は特に長くなってきたので前後編に分けて出します。
 さて、ついにこの日は式本番。朝の5時半くらいに部屋の電話が鳴って起こされました。
アロヅ「……Hello?」(←相手が誰かわからないので……)
ハル母「あ、春屋さんですか?ひょっとしてうちの子そちらのお部屋にお邪魔してないかしら?」

 お母さんからのモーニングコール……というか呼び出しでした。すぐに起こして部屋に戻るように伝えます、と言って電話を切ると、ハルも同じく電話の呼び鈴で目を覚ましていました。
 二日酔いの頭でふらふら戻っていくハルを見送って、ちょっとだけ二度寝。朝8時半に食事をしてロビーに集合だったのです。
 二度寝すると大方起きられないのが世の常ですが、さすがに多少なりとも気を張っていたからか、無事に間に合う時間に起きられました。1階のレストランで1人朝食を摂って、暇なのでロビーに戻ると、椅子に座っていた若いタイ人4人組、どこかで見たような……。
 ハルの大学の同級生でした。留学時には一応同じ学科だったのと、そもそもハルとよく一緒にいたのとで、ハルの友だちの中には私と話したことがある人もいます。向こうも私を覚えていてくれて、ちょっとだけおしゃべり。なんでも朝4時半にバンコクからバスで着いたんだそうです。ハード……なのに元気だな。
 程なく Ta ちゃん、オッキー、ハルのご両親も降りてきました。そして他にもう1人、ハルと同じ病院の精神科のお医者さんも合流。ここからこの日1日一緒に行動することになりました。
 この日の日程は、まず Ann ちゃんの実家で午前中に式を執り行い、日中少し時間を空けて、夜にホテルで披露宴です。
 午前中の式から参加させてもらうことになっているので、Ann ちゃんの親戚(従兄、だったかな?)の運転する車で移動しました。

トップページ > thai

サイト内検索
紹介

管理人:春屋アロヅ(alohz)
連絡先:alohzhgmail.com
詳細、サイトについては諸々の紹介から。

最近の記事
カテゴリー
昔の記事
外部コンテンツ

ページの先頭に戻る