ホーム > comic

カテゴリー comic の記事

[底]ちょっとした思い出

 今日は BOOKOFF に人に勧められた漫画を立ち読みに行ったんですが、少女漫画枠だったらしくどこにあるのか全然わからないし、ちょっとじっくり端から端までねめ回すのは恥ずかしい。そんな中、少女漫画エリアの一番端っこの棚に見覚えのあるタイトルがあって、思わず手に取ってしまいました。それがこれ↓です。

おまけの小林クン (1) (花とゆめCOMICS)
おまけの小林クン (1)
posted with amazlet at 10.07.20
森生 まさみ
白泉社

 学生の頃、実家にいた時に妹がしばらく買っていたので途中まで持っていたんですが、飽きたのか何なのか10巻ぐらいで買うのを止めてしまって、さりとて私が自分で買い続けもしなかったので尻切れトンボになっていたんです。
 この話すごく好きだったので、あるだけ全部買いかけたんですが、一気に13冊(14~16巻はありませんでした)も買って本棚に入るのか?否!というなけなしの理性が働いて9~13巻という非常に中途半端な買い方に。それでも本棚には入らなさそうです。理性働いてないとも言えます。
 この漫画自体好きだ、と言うのとは別に、この漫画には思い出があります。1度、この漫画をすごく好きだ、というサイト閲覧者の方からメールをいただいたことがあったのです。確かその時はまだサイトを始めて大して経っていない頃で、サイト名もハンドルも違うものを使っていました(「月猫」と名乗っていたのですが、ある日ググったら何人かとかぶっていたので改名しました)。
 サイトにおまけの小林クンのことを書いたからだったか、もうきっかけは忘れてしまいましたが、その方もこの漫画がすごく好きだそうで、何度かメールのやり取りをさせていただきました。
 結局何度か往復してから返信がなくなり、そのままこちらもメールアドレスを何度か変え、その間に連絡先を紛失してしまいました(サイトリニューアルの時にでも連絡を差し上げたかったのですが)。メール自体も消失してしまいましたので、もうどういうやり取りをしたのかもぼんやりとした記憶の霞の中にしかありません。
 閲覧者の方と普通に雑談めいた話題も含めてやり取りをしたのはあれが初めてでした。ただその最後にちょっと気になるというか心配になる言葉が書いてあって、その時の自分で考えつくフォローをしたはずですが、それが最後になってしまったのがちょっとだけ引っかかっていました。と言いつつそのメールも連絡先もうっかりなくしてしまうようでは……ですが。
 もちろん、お互いハンドルとメールアドレス以外は何も知らない同士でしたし、心配する義理もされる筋合いもないのですが、ああいうやり取りでちょっとでもストレス解消になってたのかな、いやでも止めたってことは……みたいに、一時は連絡を待ち焦がれたものでした。
 今はどこかで幸せいっぱいに漫画を読んでいたらいいなぁと思います。ついでにうっかりここ見てくださったりしたら、すごく嬉しいですね。

[底]夏コミ3日目

 2日連続で行ってきました。ホント今日は「逝ってきました」って感じでしたね。でも昨日より元気に回れました。
 たぶん原因は3つあって、1つは1時間早く出たのが奏功して並ぶ時間が短かったこと。9時には着いていて11時になる前に入れたということは2時間切ってましたし、その間日陰にいられる時間が比較的長かったので。
 もう1つはタオルを頭に乗っけてたのでお日様にあぶられている間もそれなりにガードできていたこと。日焼けは昨日のダメージを引きずってて悪化したのかどうかよくわかんないんですが。
 最後の1つは飲み物。アクエリアスの 500ml ペットボトルを凍らせて2本持っていったんですが、帰りには大半飲みきってました(溶け残りがあったので全部は飲まなかったんですが)。やっぱり凍らせてあると常に冷たくていいですし、意識的に飲んでたので、汗を結構かいたんですがそれもよかったような気がします。
 さて、誘導ルートは昨日とまったく同じでした。ビッグサイトに向かってまっすぐ歩いたかと思うと、歩道橋を上らずに脇から歩道橋の下に入り、そのまま国際展示場駅から見て右手側をぐるりと大回りして再度歩道橋の前に出て、そこからはまっすぐ歩道橋を上って会場入りするというルートです。知らなきゃ絶対わからない、この説明。
 「ゆめのおおはし」という看板のかかった橋でしばらく待ったんですが、ここまで来るのに昨日も今日も競歩状態。女性でもすごい速さで歩いていく人がいましたね。
 中に入って、昨日は東のみでしたが今日は西からスタート。やっぱり西の方が明らかに空いてますね。それでも結構人はいましたが、そもそも距離が近いこともあって、ホールまですぐに入れました。
 逆に東は今日もすごい人出でした。昨日は東1ホールの東方スペースだけ人口密度がすごかったですが、今日は東4、5ホールの人口密度が尋常じゃなく、それも広範囲にわたっているという……。やっぱり男性向け18禁の人気はすごいですね。そしてそんな中、私の主戦場でもある文芸/小説エリアはとてーも過ごしやすい環境でなんともはや……。

[底]夏コミ2日目

 行ってきました。どうも去年の3日目の印象が強かったので、飲み物と扇子で OK、と思ってたら意外にきつかったです。
 去年の3日目と違うのは 1. 家を出た時間、2. 天候、3. 人出。
 1. はやっぱり1時間が劇的に違いますね。今日は国際展示場駅に着いたのが10時ちょっと前だったんですが、あれよあれよという間に見たことのない方向に誘導されました。結局中に入れたのは12時過ぎ。扇子で扇ぐ以外にすることがなくて暇すぎたので、携帯から twitter に呟きまくってしまった。
 2. 、去年の夏って確か雨って言われてたんですよね。それで雨合羽まで買ったんですが、当日はギリギリ降りそうで降らない状態のまま中に入れてしまったので、結構涼しかったんです。日射しもなかったし。
 今日はもう……いかにも夏!って感じの青空でもう……。首筋がひりひりしてます。明らかに夏コミ焼け。
 しかし炎天下でぼーっと立ってるなんてこと、最近はまるでなくなりましたから、木陰のありがたさだとか、そよぐ風の冷たくて心地のいいことだとか、そういう夏らしい、夏じみたことを感じられたのはよかったかな、とポジティブに。首筋は痛いんですけど……。
 3. については正直、全体はわかんないんですが、東方関連のサークルが集まった東1ホールの人口密度が飛び抜けて多かったのを体感してきました。
 あとボカロ&音楽系(東3ホール)では石鹸屋の行列に目眩がしました。終点見えないくらい長蛇の列だったので、在庫はあるみたいでしたが諦めました。
 うさころにーは行ったら誰も並んでなくて、どうしたことかと思ったらメガネのおねーさんが「売り切れました!」と元気よく言ってました
 いや、本当にこれ倒れる人いるのもわかります。あと、今日はお目当ても少なかったので正直パスしようかと思ってましたが、まだしも人数が少ない(はずの)今日行っておいてよかったです。
 明日は飲み物を凍らせていく(今日は普通にポカリのペットボトル買っていったらぬるくなって……)ことと日焼け止め塗るか襟のある服を着ていくこと、何より朝1時間以上早く出ること、辺りですね。
 しかし、帰ってから去年のブログ記事を見てたら去年も2日目行ってて、なおかつ今日と同じような感じだったみたいですね。この時は扇子もなかったみたいですが、学習してないなぁ……。

トップページ > comic

サイト内検索
紹介

管理人:春屋アロヅ(alohz)
連絡先:alohzhgmail.com
詳細、サイトについては諸々の紹介から。

最近の記事
カテゴリー
昔の記事
外部コンテンツ

ページの先頭に戻る