トップページ > book > [底]本を切る日々

[底]本を切る日々

  • 2011-08-08 (月) 1:18
  • book

 最近また自炊熱が再燃してきました。主に本棚のオーバーフローが深刻になり、もう何をどうやっても買った本はちゃぶ台に積むか床に置くかしか選択肢がなくなっているからなのですが。

 目下のところ電子化しているのは主にマンガ雑誌とマンガの単行本です。雑誌の方はアイロンで糊を溶かしてばらしてスキャンしてます。キッチンペーパーを使ってやるとアイロン本体やアイロン台に PP 加工のビニールやインク、糊が付かないのでオススメです。
 単行本の方は当然1冊丸々+カバーをスキャンするので、カバーは外して背表紙の境目をカッターで両断し、中身もカッターで背表紙をちまちま落として、糊が残っているところはそっとはがしてスキャンしてます。
 雑誌をカッターで切らないのは、横に繊維の通っているわら半紙なので、縦に切るとどうしても切断面がボロボロになってしまいます。それどころか、油断してなくても内側にバリバリッと破れてしまったりします。糊を溶かしただけの紙もまっすぐではなく、等間隔に切れ目が入っているので正直邪魔ではあるんですが、悲劇を回避するため切らないことにしました。
 ひとまず増えゆくマンガとラノベの大半を片付けて、本棚には切れない本(人からいただいた本だったり装丁や本自体の作りから切れない本だったり)と同人誌と CD、ノートと楽譜が入っている、という状況にしたいところです。なかなかゴールは遠いですが。

 本棚の容量は一人暮らしを始めてしばらくしてから問題になり始めました。
 当初は CD も本棚に詰めていたのですが、3年目には何度かの詰め替えを経て、どうにも本が入らない状態になりました。で、ちょうど引っ越しをしたので、その機会に CD を棚からすべて出してしまい、空いたスペースにあふれた本を詰め直したところ、それなりに収まりました。
 そしてさらに3年が経過した現在。既に本棚は完全にオーバーフロー状態。スライド式の本棚のスライド部分に文庫本が積み上がっていて(最大で半分くらいしかスライドできない)、なおかつ同人誌と商業誌がそれぞれ床にタワーを作っています。
 そんな状況は去年には既にできあがりつつあったわけですが、その頃に騒がれ始めたのが「自炊」という言葉。紙の本を切って電子化することですね。しばし迷ったり友人と話したりした末、Canon のドキュメントスキャナー DR-150 を購入しました。もういつだったか忘れてたので調べてみたら2010年4月末のことだったみたいです。こういうとき Twilog 便利。

 これで電子化部分は解決できることになりました。で、問題は本の方。ドキュメントスキャナーはフラットベッドスキャナーと違って本を広げてスキャン面に押しつけることはできず、紙を機械に通す必要があります。簡単に言えばフラットベッドはコンビニのコピー機と同じやり方、ドキュメントスキャナーは FAX と同じやり方ですね。
 つまりスキャンするためには背表紙を切って、ページをすべてばらす必要があります。このため、自炊が流行りだした頃からスキャナーと同時に裁断機が個人ユースとしても注目されるようになりました。
 が、裁断機は買っていません。当時もちょっと買おうか迷ったのですが、高い上にあまりにも場所を取るので止めてしまいました。

 代わりに当初取った手段は、キンコーズの裁断サービスを利用することでした。当時は1冊100円で背表紙を落としてくれたのです。なので、カバーを外して数冊持っていって切ってもらい、持ち帰ってスキャンするという形ですね。
 ですが、うちは徒歩圏内にあるのでいい方ではあるんですが、それでもちょっとめんどくさい。そしてそれに追い打ちをかけるようにキンコーズがいつからか裁断サービスを値上げしました。1冊100円→1cm 当たり100円になったのです。これ結構痛くてですね。これまでは5冊持っていって525円(税込)で済んでいたのが、ちょっとばかり厚めの本だったりすると1050円になってしまいます。
 だものでどうしたものかなぁと唸っていたところで、友人が数名「カッターでばらせばいい。慣れればいける」ということを言い出しました。で、やってみたところ、確かに慣れるとそんなに時間がかからず切れます。たまに切りにくい本もありますが(表紙が2枚の紙を重ねてあったり)、大きめのカッターでちゃんと定期的に刃を替えれば大抵はいけます。

 さて、電子化部分も最初は問題がありました。というのは、最終的にどの形式で残すか、ということです。スキャンした直後のデータは文庫でもマンガでもすべて画像です。スキャナーではこれを BMP、TIFF、PDF、JPG のどれかに変換して保存します。が、実はこれどれも一長一短です。
 いくつか試した結果、BMP で保存→PNG に変換→PDF に変換して保存/zip して保存、という感じで今はやっています。雑誌から取った連載中の(かつ単行本にならなさそうな)話の場合は zip だけして連載が終わってからまとめて PDF 化したりしてますが。
 サイズは縦が 1280px に収まるようにしています。この数字にそれほど大きな意味はありませんが、今後モニターの解像度が上がっていったとしても、これだけあれば大丈夫だろうというところでざっくり決めてます。現在のメインマシンの縦の解像度が 1080 なので、PC で見る分にはこれで十分ということになります。縦の長さを基準にしているのは、横のサイズはページによって違うためです。

 さて、これからもう1冊くらい切ってから寝ましょうかね……。

コメント:0

コメントフォーム
この情報を記録しますか?

トラックバック:0

この記事のトラックバック URL
http://third.system.cx/wordpress/wp-trackback.php?p=159
トラックバック元のサイトへのリンク
[底]本を切る日々 from the third place -5th take-

トップページ > book > [底]本を切る日々

サイト内検索
紹介

管理人:春屋アロヅ(alohz)
連絡先:alohzhgmail.com
詳細、サイトについては諸々の紹介から。

最近の記事
カテゴリー
昔の記事
外部コンテンツ

ページの先頭に戻る