トップページ > music > [底]KING SUPER LIVE 2015

[底]KING SUPER LIVE 2015

  • 2015-06-21 (日) 1:12
  • music

 今日は KING SUPER LIVE 2015 というライブに行ってきました。KING RECORDS 所属アーティストによる合同ライブです。こういう形のライブは行ったことがなかったのですが、林原めぐみが出る、と知って一度くらい生で見たいと思ってチケットを買ったらさいたまスーパーアリーナの200レベル(2階席)というえっらい近いところに配置されました。今回、出演者の半分以上はちゃんと知らないからちょっと気後れするなぁとか、これアイマスだったらなぁとか思ったり(アイマスのライブではいつも最奥)。
 実際、特に前半は半分以上知らない、知ってる人でも顔見てもわからない人が多いという非常にアレな感じだったのですが、それでも楽しかったですね。一度は見たかった林原めぐみを見られましたし、同じくライブを見てみたかった angela や田村ゆかり、水樹奈々もそれぞれにすばらしいパフォーマンスでした。特に水樹奈々は歌うますぎて衝撃を受けました……。
 細かい話は書いてたらやっぱり長くなったので折りたたみで。

 20~30遅れで開演したライブはイントロの Angel Attack (エヴァの最初の方での戦闘シーンで流れていた曲)から高橋洋子。残酷な天使のテーゼ→魂のルフランをメドレーで歌ったので一気に盛り上がりました。この方、エヴァの歌しか知らないからかなんとなくパワー系の印象があったんですが、実際聴いてみるとそういうタイプではないみたいです。
 続いて堀江由衣。どれも知らない曲でしたがかわいい曲でした。次の米倉千尋はそもそも人自体を認識してなかったんですが、歌った曲が90年代アニソンの代表みたいな曲だったことと、シンプルに歌がうまくて引き込まれました。佐藤聡美は生徒会役員共*の ED である「ミライナイト」。この曲はサビの歌詞をユニット名にしてるくらい好きなので、生徒会役員共*のイベント以来また聴けて嬉しかったです。うまくなってたし。
 この後はしばらくアイドルっぽいユニットや若い歌手が続いたのですが、わかったのは上坂すみれだけでした。その上坂すみれはモバマスのアナスタシアの役で知ってたのですが。今日歌っていたのはメロのリズムがちょっと詰まってて歌詞も微妙におかしそうな曲で、あとでちゃんと聴かないと、と思ったのでした(セットリスト見たら「七つの海よりキミの海」という曲のようです)。
 そして松澤由美。機動戦艦ナデシコの You Get to Burning と Dearest でした。それぞれ TV シリーズと劇場版の主題歌ですね。Dearest を最初に聴いたときはそんなにピンとこなくて、映画観たときに「話も暗いし主題歌も微妙……」と思ってたのですが、今改めて聴くとすごくいいですね。You Get to Burning よりいいかも。感覚が変わったのは聴いた音楽の幅が広がったからか、単に歳か……。
 そして保志総一朗を挟んで(この人も知らなかった上に前後が印象的すぎてほとんど覚えてない)〆は林原めぐみ!スレイヤーズとエヴァが私をこちらの道に引き込んだといっても過言ではなく、逆にその頃のイメージからほぼ更新されていなかったのですが、Give a Reason のイントロ流れた瞬間、自分でも不思議なくらい盛り上がりました。Tシャツにダメージジーンズという実にシンプルというかラフな衣装でしたが、一目見て「らしい」なと思いました。ステージ上での存在感と安定感は貫禄のパフォーマンスとしか言えないですね。生で聴けてよかったです。そして隣の席の女の子が感激で軽く泣いているようなそぶりをしていたのも印象的でした。彼女が自分と同世代かどうかはわかりませんでしたが、気持ちはわかります。七夕ソニックでオリガが inner universe 歌ったのを聴いた時は泣きそうになりました。

 休憩を挟んで後半は陰陽座、キタエリ、奥井雅美。陰陽座は1曲だけでしたが、もう1曲聴きたかったですね。奥井雅美はさすがの歌唱力。曲は輪舞しかしらなかったのですが、残り2曲も楽しめました。しかしウテナ1回も観たことないのに輪舞は知ってる不思議。

 そして宮野真守。この方、アニメイトのモニターでシャインという曲の PV をここ2、3ヶ月ずっと流しているので顔と名前は見慣れてはいるんですが、実際に見てみるとライブパフォーマンスがうまくてびっくりしました。歌がものすごくうまいというより、歌もダンスも、トークも含めたパフォーマンスの総合値が高いという感じ。だからステージ見ててすごく楽しかったです。最後の挨拶の時もきっちり笑いを取ってました。続いて登場した田村ゆかりは「噂だけ知ってる」という人だったのですが、曲中の客の反応というか一糸乱れぬ感じがすごくて、ゆかり王国の支配力を実感しました。アイドルだなぁ……。

 次の angela は今回で唯一モニターを曲中で活用していて、客に歌ってほしいところはきっちり歌詞を出すという工夫をしてました。これ知ってる歌でも歌詞がうろ覚えという私のような人にはとてもありがたいです。angela はそしてトークがうまいし歌もうまい。どれも聴いたことない曲だったんですが、歌詞も出されるし好きな感じだしトークパートで叫ばされてるしでつい2番は歌詞が出ているところ歌ってしまいましたが、たぶん音違ってて隣の人の迷惑になってた気がします……。

 次に登場した森口博子はそんなに歌うまい印象なかったのですが、歌を聴いてびっくり。すごく魅力的な歌声でした。特に Eternal Wind は私も知っている曲だったので、こんないい曲だったっけ、と二重にびっくりしました。それと、今回初めて知ったんですが、Eternal Wind ってガンダム F91 の主題歌だったんですね。

 しかし、この衝撃を遙かに上回ったのが水樹奈々。天井から吊り下げられて空を飛びながらの登場にまず度肝を抜かれ、その状態で(おそらく相当体を締め付けられているにもかかわらず)第一声で魅了されました。紅白で見て「やっぱ歌うまいなー」なんて思ってたんですが、そんなもんじゃないですね。生で聴いたらここまですごいものだとは思いませんでした。もう3曲あっという間。

 そして最後は出演者のコラボ歌唱。保志総一朗と宮野真守と angela の KATSU で何故かファーストガンダム。この歌も見てないのに知ってる曲ですね……。で、最初に台詞が入ったから当たりは付いたんですが、それぞれ SEED と OO で主役やってたんですね。KATSU はたぶん「男だから」というだけで混ぜられたとみえて、ギタリストなのに騎士行進曲でもやってた大太鼓を叩いてました。ガンダムウィングの Rhythm Emotion も女性陣で歌ってたし、やはり森口博子がいるからか最後ちょっとだけガンダム押しでした。でも最後の最後は Get along。スレイヤーズ!

 これだけ知らない曲があったのに、特に後半はレベルが高くて聴いてるのが楽しい、用心しつつ声出すのが楽しい、という素晴らしいライブでしたね。22組もいるからどうしてもすぐに交代になってしまいますが、その分てんこ盛りのライブでした(実際てんこ盛りだと実感してたのか、最後の挨拶で一部の最初に歌った4人までが「そろそろ忘れてるかもしれませんが、x 番目に歌った~です」みたいな挨拶してました)。こういうタイプのライブも楽しいですね。アニサマとか機会があれば行ってみようかな……。

コメント:0

コメントフォーム
この情報を記録しますか?

トラックバック:0

この記事のトラックバック URL
http://third.system.cx/wordpress/wp-trackback.php?p=449
トラックバック元のサイトへのリンク
[底]KING SUPER LIVE 2015 from the third place -5th take-

トップページ > music > [底]KING SUPER LIVE 2015

サイト内検索
紹介

管理人:春屋アロヅ(alohz)
連絡先:alohzhgmail.com
詳細、サイトについては諸々の紹介から。

最近の記事
カテゴリー
昔の記事
外部コンテンツ

ページの先頭に戻る