底なしくずかご

[top]   [story]   [short story]   [present]   [diary]   [offline]   [links]   [bbs]

2008年2月 3日 - 2008年2月 9日] | [トップページ] | [2008年2月24日 - 2008年3月 1日

[底]ボーカロイド考

 最近はとみにボーカロイドを使った曲を聴くことが増えたので、このボーカロイドというものに何を思うか、何を聴いてきたかをつらつらと書いてみたいと思います。
 書いてたら長くなったので、先にボーカロイドについての雑想を書いてみましょうか。

 ボーカロイドについては去年の夏頃に一度記事にしたんですが、それから半年が過ぎて、鏡音リン/レンの発売を挟んで今なお成長してるというか、幅が広がってる感じがします。
 モノとしては MIDI ソフト音源の一種ですね。つまり、既存の MIDI データを読み込ませれば一から作らなくてもメロディーが完成します。後は歌詞やパラメーターの設定をいろいろやるだけです(そこがキモになるわけですが)。
 ちなみに VOCALOID の発売元である Crypton は VOCALOID 以外にも高音質音源を多数発売してます。こないだビックカメラの音源のコーナーに行って気付いたんですけどね。

 まずは音源として、というか、ボーカルソフトとしてどれぐらいの力を持っているか。これは調整次第でまったく違うので、かなりしっかり調整できている歌を聴いた印象で書いてみます。

 初代 VOCALOID MEIKO の歌は、声はかなり自然ですが言葉のつなぎ方がやや不自然です。子音の発音があまりはっきりしていなくて、音が繋がるところで、かなり頑張ってもみょんみょんします(わかるか)。ちゃんと歌詞は聴き取れますし、かえってロボッティーな感じはあんまりないんですけど。
 その代わり声のパワーは強く、ハードロックにも耐えうる歌唱力を持っています。かと思えば、のほほんとした曲にも合わせられるので、かなり汎用性が高いですね。
 同じく初代 VOCALOID の KAITO や Sweet Ann はほとんど聴いてないのでよくわかりません……。KAITO はわりといい声してますが。

 VOCALOID 2 の第一弾である初音ミクは、うって変わってものすごくかわいい声をしています。声の力は弱めなのでロックなどには向きませんが、力が弱めで超音波みたいな高い声でも声音が変わらないので、エフェクターをかませてやるとテクノにはすごく使いやすいと思います。もちろん初音ミク作品の主流であるところのポップスにもちゃんと合います。
 より日本語の発音に対する適性が上がっているというか、MEIKO に比べると音の繋がり方はかなり自然になりました。ただ、やっぱり一部の音の繋がりがぎこちなくて、ロボットっぽさが出てしまいます。

 そして最近発売された、VOCALOID 2 鏡音リン/レン。私はソフトを持っていないのでどういう仕組みでリンとレンを使い分けるのかよくわからないんですが……。
 リンの方はミクより少し低めかな?というぐらいで、声としては同系統のかわいい声ですね。レンは少年らしい声でかなり声の力が強く、あまり機械っぽさがありません。
 何故か手元にあるのがレンの曲ばかりですが、レンの声ならかなり激しい曲でも十分対抗できますね。あと探してみたら JERO のカバーがありましたが、これは演歌というやたら技巧的なジャンルだからボーカロイドには辛いだけで、声質としては問題ない感じです。

08.02.23. 23:40 投稿 | カテゴリー: soft | コメント (0) | トラックバック (0)

[底]ライブ音源

 ジン☆トニッカーズの12月のライブの音源がようやく手元に届きました。MD なので、PC に取り込んで wav と m4a にします。メンバー用に CD にしたものか、データにしたものか……。
 と、ライブハウスの録音が悪かったのか、低音がやたら強い。これまでになくバスドラがどっこんどっこん言ってます。その割にベースは全然大きくない。うーん、出音はよかったらしいんですが……イマイチ。今聴くと、出音はイマイチだったらしい前回のライブ(大塚 CAVE にて)の方が録音はいいなぁ。

 そして、ジントニサイトも微妙にいじりました。渋谷ライブの音源から1つぐらいデモを増やそうかと思いますが、その前に実験的に mp3 プレイヤーを 2 種類同時に導入してみました。これで、いちいちダウンロードしなくても再生ボタンをクリックすればデモが聴けます。

 なんでわざわざ 2 つも導入したかというと、最初に使おうと思ってたプレイヤーが JavaScript ベースだったので、JavaScript 不使用ページで使えないじゃん、ということについ先ほど気付いたためです。
 でもデザインとしては最初の方がいい感じなので、Firefox をご使用の方のみ限定でそちらのプレイヤーをご使用いただけます。何故か Opera ではアウトでした。
 ちなみにもう 1 つ導入したのは dewplayer という、こちらは Flash を使用したプレイヤー。ブラウザー使用分布から考えると圧倒的にこちらが使われることでしょう……(アクセス解析では、今年に入ってからの Firefox の比率は 7% 前後でした)。

 くずかごで曲データを発表することがあれば、やっぱり dewplayer を使うことになると思います。複数曲を閉じこめたりもできるみたいですし。

08.02.23. 03:29 投稿 | カテゴリー: diary | コメント (0) | トラックバック (0)

[底]ピアニスツ

 先週の水曜と日曜に、ジン☆トニッカーズの初代キーボーディストと二代目キーボーディストがそれぞれ自分のバンドのライブをやっていたので、聴きに行ってきました。現在のキーボーディストのあいちゃんは三代目なのです。

 水曜日は初代のみほちゃん。元々大学時代に後輩のつてで一緒にやらせてもらったジャズ・ピアニストです。今回はオリジナルをメインに、ジャズ、というかフュージョンっぽい感じでした。テナーとギターをフロントに据えたクインテットで、テナーの Dog 氏の音がすごくよかったです。フレーズは勘で当ててるなってのがよくわかる感じ。すごく狭いハコだったからか、かなり手加減して吹いてて楽器が鳴り切ってなかったような気がしましたけどね。
 主役のみほちゃんはやはりうまいですね。去年のどこかで一度トリオを聴いて以来ですが、今回は曲のセットの関係か彼女自身の指向なのか、スイング感よりもスムーズさというかフレーズの流暢さが強く感じられました。

 日曜日には二代目のえもちゃん。こちらはジントニがきっかけになって、その後もたまに一緒にやらせてもらったり聴きに行ったりしている、こちらもジャズ・ピアニストです。今回は彼のトリオでの演奏でしたが、メンバーはお初の人ばかりでした。
 1曲目からゴキゲンなスイングにレッド・ガーランドを思わせるきらきらした和音。たまに3人の息がちょっとずれることもありましたが、それはご愛敬で。スタンダード中心に、ジャズらしいアウトフレーズがたっぷり入った気持ちいい音を聴かせてくれました。そして唯一のオリジナル曲がかっこよくて、低音の魅力溢れる感じでした。私がもっとうまかったらアルトクラリネットを持ち出すところですね。

 まったくタイプの違う2人の演奏を聴いて、やっぱりジャズっていいなぁと思いました。そしてジャズをやりたくなりました。今はジントニ以外ではバンドを持っていないので、やりたかったら自分で動くしかないんですけどね。

 ああ、きっとライブやったらすごく気持ちいいんだろうなぁ。聴いてるだけでもあんなに心地いいんだからなぁ。

08.02.20. 00:09 投稿 | カテゴリー: live | コメント (0) | トラックバック (0)

[底]ふじおさんのうた

 さっきのブログ書きながらの BGM はツタヤで借りてきたピヤノアキコ。
 これまでほとんど矢野顕子は聴いたことなかったんですが、以前ニコニコでわんかっぷ P の MEIKO が歌うニットキャップマンに泣きそうになった後、矢野顕子のライブバージョンを聴いて半泣きになったので、これが入っている CD を借りてきました。

 MEIKO の歌うニットキャップマンも不思議にはまっていて、人間っぽくも機械っぽくもあるような感じで、下手な人間が歌うよりいい感じです。なんだろう、帰ってきたヨッパライみたいな感じ?

 そして矢野顕子のピアノ弾き語り。すごく優しく語りかけるような歌声、不思議なくらい透き通った音で複雑な和音もシンプルなベースラインも耳に溶けてくるピアノ、それだけ。
 たぶん生で聴いたら泣きます。すごい揺さぶられる。

 しかし誕生日の夜に聴く曲じゃありませんわな……。

ピヤノアキコ。~the best of solo piano songs~ (SACD-Hybrid)

08.02.19. 00:43 投稿 | カテゴリー: music | コメント (0) | トラックバック (0)

[底]チョコレート

 何故かあの日から4日が過ぎた今日、職場でいただいたチョコレートを食しているわけですが。BGM は B-Dash。……ちょっと遅すぎるかもよ?

 かわいらしい小箱のフタを開けると、まろび出たのはちょうど指で丸を作るとギリギリ入らないかな?くらいの大きさのハリネズミ。の上半身。幸運のイーゲルというらしいです。
 かぶりついてみると、これが固い。がぶりとはいかず、削り取るようにコリコリコリ、と。なかなか溶けにくいようで、チョコをダイレクトに持っている指にまったくチョコがつかないのはありがたいですが、その分歯が……立たない……。

 どっかの坊主みたいに差し歯になるといろいろ大変なので(修繕に60万とか!)、無理矢理がぶりとはやらずに地味にコリコリ削り、尖った部分(口とか)がおおむねなくなったところで思いきり頬ばってみました。うん、正解。
 ちょいとあごが疲れましたが、甘さ控えめでお味の方はとてもよかったです。

08.02.19. 00:23 投稿 | カテゴリー: diary | コメント (0) | トラックバック (0)