底なしくずかご

[top]   [story]   [short story]   [present]   [diary]   [offline]   [links]   [bbs]

2008年2月24日 - 2008年3月 1日] | [トップページ] | [2008年3月 9日 - 2008年3月15日

[底]5年前に見ていれば

 たまたま見ていたサイトで見つけた商品見てお茶吹いたのでご紹介。

 こちらの商品なんですが、アルミ製の『すのこ』。PC やゲーム機の底に敷くと、台やテーブルへの熱によるダメージを軽減し、PC/ゲーム機そのものも若干冷却する効果があるという、なかなかの優れもの。
 しかし何故か盤面に美少女のイラストが入っていたりします。200円アップで特別イラスト版まであったりします。(100円引きでイラスト無しも選べます。)
 しかも販売サイトには4コマと壁紙ダウンロードのページ。どう考えてもすのこの通販サイトじゃないぜ。

 ……かつてバンコクにいた時代には、持っていった B5 ノート PC が日本の倍以上の電圧に常時晒されていたためか異常加熱することが多く、カセットテープを履かせて横から扇風機を当ててどうにか動かしていました。人間がもらえる扇風機の風は PC のおこぼれというお殿様っぷり。
 それでも帰国後しばらくして極端に熱暴走を起こしやすくなり、去年たまたま起動した時には1時間で何もしないのに熱暴走してダウン。もはや棺桶から首を突き出しているぐらいの状態になってしまいました。
 もし当時からこれが売っていたら、あの子の寿命ももう少し延びていたかもしれません……。

 なぁんてことはないわけですが、ね。カセットテープと扇風機のコンボによる冷却力はすのこタン。の倍じゃきかないはずですし、あの頃はまだ今ほど救いようのない人間ではなかったし、何よりあの頃は実家住まいでした。……私は一人暮らしすべきじゃなかったんでしょうかねぇ……。
 現在はデスクトップの DELL 坊以外にびすたけ積んだ vaio ノートがいますが、初年度くらいは自力で頑張ってもらいましょう。

08.03.07. 22:13 投稿 | カテゴリー: news | コメント (0) | トラックバック (0)

[底]友人帳顛末

 先週末に妹の部屋でたまたま発掘して即はまった夏目友人帳。ちょうど昨日最新刊が出たところだったので、全巻買い揃えてしまいました。

 先日とかげが衝撃のラストシーンを迎えてしまったので少し足りていなかったオカルト分を十二分に補充できました。妖怪の描かれ方が蟲師とかみちゅ!の中間ぐらいかな。いや、平成狸合戦ぽんぽこに近いかも。おどろおどろしさとかわいらしさが同居してます。

とかげ 3 (3) (IDコミックス ZERO-SUMコミックス) (IDコミックス ZERO-SUMコミックス) → 夏目友人帳 1 (1) (花とゆめCOMICS)

08.03.06. 21:51 投稿 | カテゴリー: comic | コメント (0) | トラックバック (0)

[底]昼と夜の写真展

 昨日、ジントニトランペッターのくぼっちの写真展(個展ではなく学校の卒業展)に行ってきました。行ってみたらたまたままーちゃんも来ていたので、くぼっちのガイド付きで3人で見て回れました。

 彼女以外にも10人近くの作品が展示されていましたが、それぞれに作品の方向が違っていて面白かったです。例えばくぼっちは人物半分静物半分で、どの写真も邦画のワンシーンを切り取ったような感じがしました。……あ、ぴよの1枚は違うか。
 特にまっふぃを撮った1枚はすごく自然に、魅力のある表情・ポーズを切り取っていて、すごくよかったです。

 隣に展示されていた人は子供をターゲットに絞った写真で、なかなかかわいらしかったんですが、どうもこう、子供のかわいさ以外に特に何もないという感じがしてしまいました。
 別の部屋(小部屋に2~3人ずつ展示してありました)にいくと、背景色を単色にした一連の人物写真を並べている方がいたり(この人だけは写真1枚ずつにタイトルをつけていて、コンセプトというかシリーズを強く意識してるなと思ったりしました)、地面に落ちているものをモノクロの小さな写真でずらりと並べていたり、笑顔の写真をずらっと並べていたり、とさまざまでした。
 結構皆さん1つのテーマ、1つのキーワードに沿った形で集めていることが多かったですね。

 こんな展覧会に行ってみて、写真て難しいなぁと思ったのは、シークレットがお2人いらしたんですが、見ても他の人との違いがわからない。むしろ人物でいえばくぼっちの方が魅力的に撮れてると思いましたし、風景でいえば冬の雪山の風景を撮っている方のほうがずっといいと思えるくらい、そのお2人の写真に魅力を感じませんでした。
 素人にはわからんよ、と言われてしまえばそれまでですが、逆に言えば素人にでも「これは違う」と思わせられるようなものを撮るのって、たぶんめちゃくちゃ難しいんだろうな、と。
 わかってる人じゃないとわからないのも芸術ですが、何もわからない素人を惹きつけるのもまた芸術で。写真に限った話ではないですが、音楽みたいに熱気やノリを体に叩き込めるわけじゃないだけ、表象芸術って大変だなぁと思ってしまいました。

08.03.02. 18:23 投稿 | カテゴリー: vision | コメント (0) | トラックバック (0)