底なし宝箱

[top]   [story]   [short story]   [present]   [diary]   [offline]   [links]   [bbs]

| [トップページ] | [濱霧 緑炎さんトップ] |

Mission 1

AD2054年 10月6日 午前4時30分 GRDFホワイトバレー空軍基地 北西100キロ地点

未だ日の出も訪れていない闇の中、Su-43"ベルクト"と呼ばれるUPEO製戦闘機が凍結した海面スレスレを飛行していた
その背後にはUPEOの主力戦闘機であるSu-37S"ハイパーフランカー"の姿が5つあった
どの機体も漆黒に染め上げられ、垂直尾翼にはハトをモチーフにしたUPEOのマークの他に、"SARF"の文字があった

「エリックより各機へ、間もなくホワイトヴァレー基地だ、各機目標を確認次第攻撃しろ、いいな」

先頭の黒いベルクトを操縦していた、SARFの隊長、エーリッヒ・イェーガー少佐がそう言った

『『『『『了解』』』』』

5機からほぼ同時に返答が帰ってきた

「クリス、お前はどうだ?」

エリックがそう言うと同時に、正面のホロ・ディスプレイに13、4才少年が映し出された
13.4才の茶色い髪をした少年だ

『大丈夫です』

クリスと呼ばれたその少年はやや緊張した様子で答えた

「緊張しなくてもいい、訓練通りやれば問題はない」

エリックは落ち着いた口調でクリスに語りかけた
同時に6機のコックピットに敵戦闘機の接近を意味するアラートが鳴り響いた

「全機散開、迎撃しろ!」

その言葉を合図にUPEOの戦闘機隊は散開していった

この日、NUN―新国際連合の治安維持機構UPEOは、数日前のゼネラルリソースとニューコムのサンドバリー砂漠での軍事衝突を機に、両社の行き過ぎた戦力の弱体化を目的に両社の基地の攻撃を決定した
そして、UPEO所属の特別航空部隊"SARF"にゼネラルリソース所有のホワイトヴァレー空軍基地の攻撃を命じた
SARFの最年少パイロット、クリス・フォッケウルフはニューコムで生まれた試験管ベイビーで、幼少の頃からパイロットとして教育、訓練された、それ故にUPEOがパイロットとしてスカウトしたのだった

『クリス、後ろにいるぞ!』
クリスは僚機のパイロット、マイクの注意を聞いて、機体を大きく上昇させた、彼や他の隊員が乗っている機体Su-37S"ハイパーフランカー"は従来の スーパーフランカーのエンジンをF-22の様な本格的な推力変更型に変更し、火器管制システムを強力な物に変更した強化型で、現在のUPEOの主力戦闘機 だ

「もらったッ」

クリスはそう言って前にいたXFA-36Aに向かってミサイルを発射した、ミサイルはXFA-36のエンジンを直撃して爆発した、

『クリス、航空機はオレ達で片づける、お前は地上の敵をたたけ』
「了解」

クリスはそう言って基地に向かって急降下し始めた、手近なミサイルランチャーにロックオンしたと同時にミサイルを放って再び上昇し始めた
高度が1000を切る頃、思い出したように背後で爆発音がした
爆発を確認してクリスは再び高度を下げ、今度は管制塔目掛けてミサイルを放った、ミサイルは搭載された推進剤と爆薬を使って管制塔を跡形もなく破壊した
クリスはフランカーを反転させて再び攻撃態勢を取った

「これで・・・最後だ」

クリスはそう呟いて、キャノン砲を残ったオイルタンク目掛けて発射した、数発の砲撃音の後、激しい炎がオイルタンクを包み込んだ
同時にレーダーから3つの反応が消えた、全ての地上物を破壊したのを確認して、クリスはフランカーを上昇させた

『レーダーが新たな機影をキャッチ、総数不明、警戒せよ!』

司令部からの連絡が入ったのはその時だった

「お先に」

クリスはそう言って、フランカーを加速させ他の機より先に敵編隊に向かっていった、数秒後、クリスのHUDに数機の戦闘機が映った

「F/A-32が7機か・・・」

クリスはそう呟くと編隊の中央にいるF/A-32に向かってキャノン砲を撃った
F/A-32は砲撃を受け、右に大きく旋回し始めた、クリスは旋回している機体の主翼目掛けて再びキャノン砲を撃った、キャノン砲弾を主翼と胴体に食らったF/A-32は空中で爆発した

「よっしゃあ!」

クリスがそう言った直後、ミサイルの接近を意味するアラートがコックピットに鳴り響いた、クリスはすぐさまフランカーを宙返りさせて、後ろにいた二機のF/A-32をやり過ごした、二機のF/A-32は左右に分かれて反転して、スピードを上げながら基地から離れていった

「逃げる気かコノヤロー、そうはいくか」

クリスはそう言って逃げるF/A-32目掛けてミサイルを発射、辺りに二つの爆発音がとどろいた

『敵増援部隊の壊滅を確認した、作戦成功、全機直ちに帰投せよ』

SARFのメンバーはわずか数分で増援8機を全滅させ海上の空母に向かって飛んでいった

(疲れたな・・・早く基地に帰って寝るか・・・)

そう思いながら、クリスは他のメンバーと編隊を組んで、海上に向かって飛んでいった

濱霧 緑炎さん
01.20.AM 更新